一人暮らしは一度は経験したほうがよい

大学に入学するにあたって、実家から通うことが出来ない距離だったので、 ひとり暮らしをすることにしました。 熊本県から福岡県への小さな引越しだったので荷物も少なく、 そんなに引越しの作業自体は大変なものではありませんでした。 一人暮らしは生まれて初めての経験だったので、最初非常に楽しみにしていました。

帰りの時間が何時になろうととがめられることもないし、朝起きる時間も自分のさじ加減です。 ゴミもたまる一方で、誰か友達が来たりしない限り特に掃除もしない。 洗濯物を洗うはいいものもたたむ習慣も身についていないから、 乾いたものからまた順番に着ていくだけといった始末。 男の一人暮らしだからということはあるかもしれませんが、 やはり実家暮らしに比べて怠惰な生活になってしまっていたような気がします。 でもその怠惰さが嫌になってきて1年たった頃から地道に掃除をしたり、 毎週ゴミ出しをするようになりました。

そんな折、急に体調を崩し、寝込んだことがありました。 原因は不明でしたが、症状としては単なる風邪でした。 一人暮らしで寝込んでしまうと本当に何も出来なくなることを感じました。 食事をとるべきだとわかっていても作ることも出来ないし、 買いに行くことさえもままならなくなってしまいます。 一人暮らしでは自分のことを管理する能力をすごく求められるような気がします。 もちろん寂しく感じたり、病気になったときにしんどいことはたくさんありますが、 一度は経験しておいてよいモノだと思います。